コンシーラーさせあれば瞬時にシミを隠すことが可能

レディ
  1. ホーム
  2. 透明感はメイクで作れる

透明感はメイクで作れる

化粧品

女性にとってつるんとした透明感のある肌は永遠の憧れですよね。しかし現実は日々の忙しさに追われ、気づけば寝不足で目の下にはくまができていたり頬にはシミを見つけてがっかりしてしまう女性も多いはず。規則正しい生活では栄養バランスの整った食事を取るのが1番ですが、できてしまったものはなかなか直りません。だからと言ってそんな疲れた顔で外を歩きたくないですよね。そんな時はメイクで隠してしまいましょう。隠すためにファンデーションを塗りたくればいいのかというとそうではありません。それでは厚塗り感がでて透明感とはかけ離れてしまいます。くまやシミを隠したいときはコンシーラーを使います。ファンデーションは顔全体を綺麗に見せるもの。それに対してコンシーラーはファンデーションはカバーしきれない部分を綺麗に見せるという役割をしています。正しく使うことによって自然に隠すことができます。まず目の下のくまにはリキッドタイプかクリームタイプを選びましょう。目の下に少量のせ、薬指かスポンジで軽く叩き込んでいきます。目の下は皮膚が薄くシワになりやすいのでしっかりフィットさせることによって、よれるのを防ぎます。頬のシミやそばかすには少し硬めのスティックタイプを選びます。こちらもくまと同様指やスポンジで馴染ませていきますが、ポイントはカバーしたい部分より少し大きめに塗ることです。そうすると周りの肌に馴染みやすくより自然に仕上がります。リキッドファンデーションの場合はファンデーションを塗った後に、パウダーファンデーションの場合はファンデーションを塗る前に使うことで、コンシーラーの効果を最大限に発揮することができます。ファンデーションもコンシーラーも塗りすぎは禁物です。どちらも薄く塗ることを心がけましょう。